本文へスキップします。

ページタイトル

世田谷共育舎について

コンテンツ

世田谷共育舎の経営理念

共に育て
共に育ち合い
地域との共生を図る

共に育て保護者、職員、地域で一緒に子どもを育てよう
共に育ち合い子どもと共に大人も育ち合おう
地域との共生を図る 地域に求められる 利用しやすい保育園に

基本姿勢

子どもが生き生きと育つ場に
働く父母が安心して預けられる保育園に
職員が働きやすい
民主的な場に

保育目標

豊かな心を持ち、健康で元気に遊べる子ども
心と体の健康 楽しく遊ぶ 仲間とかかわる
意欲と生きる力のある子ども
自分のことは自分で 周囲への関心 自己表現

法人概要

法人名 社会福祉法人世田谷共育舎
所在地 〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-2-2
TEL  03-5707-4700
FAX  03-5707-4800
代表者 渋川 峰夫
設立 平成10年3月
事業内容 認可保育園の運営

保育事業

  • 生後57日からの産休明け児保育
  • 延長保育の実施(19:15まで)※芦花の丘かたるぱ保育園は20:15まで
  • 緊急一時保育の受け入れ
  • 3歳児~5歳児の異年齢保育の実施
  • 地域交流事業(遊ぼう会・育児講座の実施など)
  • 次世代育成事業(小中高の体験保育受け入れ・ボランティアの受け入れなど)
  • 一時預かり保育

法人のあゆみ

1955年 都認可ひなづる保育園設立
経営主体:桜新町親和会
1997年 新たに社会福祉法人を設立し、ひなづる保育園を引き継ぐことが決まる。
1998年3月 社会福祉法人世田谷共育舎設立認可
理事長:伊藤陽介
1998年6月 世田谷区から土地・園舎・設備等を借受け社会福祉法人世田谷共育舎 用賀なのはな保育園誕生(定員100名)
2000年4月 0歳児受入を産休明けに変更
定員の弾力化開始
2001年6月 苦情解決体制発足
2001年8月 ホームページ開設
2002年1月 第三者評価受審
2003年4月 3歳児~5歳児のたてわり保育スタート
緊急一時保育、地域交流事業「あそぼう会」開始
2006年4月 2年間の準備期間を経て、新人事・給与制度の導入
2006年7月 第三者評価受審
2006年8月 年末保育実施
2007年4月 深沢分園開園
2011年4月 分園さくらの木開園
2012年4月 一時預かり保育(よつば)開始
2013年1月 深沢分園一時預かり「すずらん」開始
2015年4月 さくらの木保育園として本園に移行
2019年4月 芦花の丘かたるぱ保育園開園

情報公開

現況報告書 独立行政法人福祉医療機構『社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム』に公表しています。
財務情報報告 独立行政法人福祉医療機構『社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム』に公表しています。
定款 独立行政法人福祉医療機構『社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム』に公表しています。
役員の報酬に関する規定 独立行政法人福祉医療機構『社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム』に公表しています。
役員一覧 独立行政法人福祉医療機構『社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム』に公表しています。
事業計画書
事業報告書
幹事監査報告書
個人情報保護について
コンテンツボトムナビ